上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近USBメモリを買ったのでそのときの資料をここに載せておきます
まず参考にしたのはUSBメモリまとめWikiここでほとんどの情報は集まります


次にいざ購入のときはBestgateを活用するといいでしょう
価格.comでもいいのですがBestgateのほうがより細かく分類されています


基本的にメモリはあまり大差ないのでデザインで選んでいいと思います
利便性を追求するならキャップが回転式であるか、キャップが本体とつながっているかなどに注目するといいでしょう
よってここでは性能だけに注目してランキングを付けていきたいと思います


基本的に見るのは3点
SLCかMLCか
○Windows ReadyBoost対応か
○Read25MB/s前後、Write18/s前後出ているかどうか
また容量は2Gか4Gぐらいが現時点での最適な価格帯だと思われます

07年8月現在でランキングを付けていきましょう

第3位
CUFD-H


おそらくこの3つの中ではもっとも高速なUSBメモリでしょう
さらにSLC対応だそうです
Bestgateでも4Gの最安値が5000円をきる値段で販売されていて非常にお得です


第2位
MyflashPD7


このUSBメモリ箱の3つの中で唯一Windows98にも対応(要ドライバ)
Windows98がまだ現役のときはものすごく重宝します
Bestgateでは4Gが一時5000円を切っていました
この容量、速さ、さらにWindows98対応でこの値段はかなりお得です


第1位
PicoBoost


一時4Gが6000円強まで値下がりしていました。
SLC,超高速なUSBで一番の売りはキャップを後ろにさせること。
以外に高速タイプのUSBはあまりキャップを後ろにさせないのでキャップをなくしがちなんですね
他の2製品よりも千円ほど高めですがキャップを後ろにさせる価値はあると思います


他にも最近SofmapからもReadyboostに対応したUSBメモリが出るなど活気に沸いています
一方王手メーカーは低速、容量の割りに値段が高かったりするのでそのメーカーやデザインじゃないと嫌!というのでなければ上記の製品を買うことをお勧めします
2007.09.08 Sat l ハードウェア123 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://omine3.blog119.fc2.com/tb.php/9-515341b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。