上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Sleipnirは標準状態でのカスタマイズ項目が多く非常に便利である
しかしIEコンポーネントを標準搭載しているのでまとめてページを開いた時にとても重くなるのだ

そこで今回IEコンポーネント以外のブラウザへの移行を試みてみることとする

まず最初にうちのPCの環境だが
おおよそ5年前のノートパソコンを使っている

OS: Windows XP Professional
CPU: Pentium M 1.73GHz
Memory: 1.5GB
HD: 80GB(C: 30GB D: 45GB)
Graphics: Intel内臓

そもそも現在のSleipnirの気になっている点は
●一気に30ページほどのタブを表示・閉じる時にやたら待たされる
●よく落ちる
この2点がメインである
また細かいことを言うと
●ファイルをダウンロードする時になぜかSleipnir上で新規画面がでてしまう
という現象も気になっていた
この点が解決しそうであれば当然乗り換えたい。ただし
●現在Sleipnirで常用している機能はできる限りもって行きたい
●加えて各ブラウザの独自な便利機能を使いたい(例・マウスオーバー辞書とか)
という点がネックとなっている


移行の候補に挙がっているのは
●Lunascape
●Firefox
●Google Chrome
の3つである
なお今回Safari,Operaは拡張情報の少なさから省かせてもらった
またDount系やSeamonkeyなどのブラウザも情報の少なさから省いた

●Lunascape
世界初のトリプルエンジンということでGecko,Webkitが使える
またSleipnirと同じくもともと設定項目が豊富
またGeckoではFirefox用アドオンが使え、
IE用の各種ツールバーも使用可能
ただしよくよく考えてみると使うのはIE+GeckoかIE+Webkitなのである
そうするとFirefox/Chrome+IETabで十分なわけで…
またエンジンによって挙動が変わる項目がいくつかあり
操作に統一性がない
またネット上の評判からいうとなぜかSleipnirを押す声のほうが多い

●Firefox
エンジンにはGeckoを採用している
最初はシンプルなタブブラウザだがアドオンによりどんどん自分好みにカスタマイズ可能
しかしアドオンの入れすぎで動作が重くなることも多数
今回はできる限り最初から最適化を念頭に入れてアドオンを追加していきたい
SQLOptimizerやアドオンをjsに置き換えたりabout:configの設定に置き換えることで
軽量化されるようだ
また、ネット上では多数のユーザーがSleipnirから多数Firefoxに移行しているらしく
その先人たちの知恵を借りることができるそう

●Chrome
エンジンにはWebkitを採用
とても軽いことで有名なブラウザだが
現在急速にエクステンションが広がっている
ページを読み込みながら表示することで
ユーザーに速さを体感させている。
またプロセスをドメインごとに表示することで
仮にいくつかのタブが落ちても他のタブに影響を与えない
起動から表示まで今回の中で一番速いのはすでに分かっているので
あとはエクステンションが揃うかどうかが勝負の分かれ目


この3つを比較した結果firefoxかchromeがよさそうなのだが
ネット上の資料の豊富さと
拡張機能の充実さから
Firefoxを採用することとした
おそらくSleipnir並みの昨日を達成するには
多くのアドオンで武装した重装Firefoxになることが予想されるので
いかに起動スピードと多数のページを一度に表示した時の
もたつきを抑えることができるかが勝負になる
2010.03.23 Tue l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://omine3.blog119.fc2.com/tb.php/88-a1a94167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。