上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日aircrackについて記事を書いたがそもそもMacアドレス登録をしておけば大丈夫じゃないのかなぁと思っていた

しかしどうやらそのMacアドレスも偽装できるそうな…

今回はそれについて調べてみた



こちらによるとLANカード上のROMに書き込まれているデータを書き換えると可能らしいが幾分難しいだろう。

しかしLANカードを装着した際にLANカード→レジストリにMACアドレスが書き込まれ通信を行う時はそれをもとに通信を行うらしい

つまりレジストリ書き換えのみでMACアドレス外とも簡単に書き換わってしまうらしいのだ

こちらこちらにその方法が載っている。

簡単にここに書くと、レジストリエディタを開き

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ Class \ {4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002bE10318} \ 0001

にアクセス。

{4D36E972-E325-11CE~
の時点で多数存在するがおそらくネットワークアダプタ。
その中の0001だが別の数字の場合もある。

「NetworkAddress」をダブルクリックで開く、もしくは新規作成

MACアドレスを16進数で6桁入れて、F5キーでシステムに反映させてから終了

たったこれだけ。

またこのソフトを使うと勝手にやってくれているようだし、こちらによるとどうやらソフトすらもいらずに標準の設定で書き換えることも可能らしい
2007.12.02 Sun l 完全な私事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://omine3.blog119.fc2.com/tb.php/34-a2d2bb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。