上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さて、海外ROMのメリットとデメリットを考えながら、海外ROMの運用を考えてみましょう
ここにズバリ書いてしまいます
海外ロムのメリット
○ほとんどのMODが海外ROMをベースに作られているのでバグが起きにくい
○Googleアカウントによる連携が優秀で、アプリから設定などまで初期化時に一気に復旧してくれる(ただしこれがメリットかどうかは人によるか)
○標準でテザリングのAPN書き換えが行われない
○標準でカメラ無音化が可能

海外ロムのデメリット
○アンテナピクトと電波の表示がおかしい(解決策有)
○フォントがおかしい(解決策有)
○文字入力時にPOBoxが立ち上がらない(すぐ解決)
○FOMAプラスエリアに非対応になってしまう?(ハード的には問題ないので解決策はあるはず)
○FMラジオのバンド幅が違う
○DOCOMOの絵文字が使えない


ではひとつずつ見ていってみましょう
○アンテナピクトと電波の表示がおかしい(解決策有)
この問題に関してはつい最近解決方法が示されました
ブローヴちゃん: Android + b-mobile データ専用 SIM で電界強度を表示する
どうやらframework.jarの中にあるclasses.dexの設定によって、解決できるようである
しかもこの方がバッチファイルを公開してくれています。ありがたいですね
ブローヴちゃん: Android + データ専用 SIM での動作修正パッチ
うちの環境ではモード1で始め行いましたが、セルスタンバイで1時間当たり5%のバッテリーを持っていかれたので、処理モード99で再度試したら見事アンテナピクトも表示されてセルスタンバイで1時間当たり1%まで減りました
12年2月19日追記:海外ROMの.62を当てたら、モード1でもセルスタンバイが改善されたようです

あれでもこれで行けるんだったら日本語版ROMにUOT kitchenした後のファイルに対して、アンテナピクトのひと手間かけたらバグ修正されるんじゃないか?

○フォントがおかしい(解決策有)
この問題はフォントがおかしいというよりは中国フォントが使われているというのが問題の原因のようです
ということで、日本語版のROM(/system/fonts)から抜き出したMTLmr3m.ttfファイルに置き換えてしまいましょう
グローバル版 日本語フォント変更 Xperia arc|46web android root(アンドロイド)の備忘録

○文字入力時にPOBoxが立ち上がらない(現在調べ中)
中身を見る限りJapaneseIMEは入っているようですが、文字入力においてどうやっても日本語キーボードを引っ張り出せない様子。うむむむむ…何か設定しないといけないのだろうか?
同日追記
なんとテキスト領域を長押しですって。そんなんわかるか!
tiny pico tips: IS06:iWnn IME/Androidキーボード入力方法の切り替え

○FOMAプラスエリアに非対応になってしまう?(ハード的には問題ないので解決策はあるはず)
これもハード的には対応しているので、ソフトの問題。
FOMAプラスOK:IDEOS - モバイルをバックパックにつめこんで
検証もこうやってやるしかないので正直難しそうだな…
一応ハード的にも少なくともXperiaシリーズは北米輸入並行版は対応している可能性が高いらしい
dream seed » Xperiaの北米仕様機はFOMAプラスエリアで使えるのか?
隠れFOMAプラス対応端末リスト(2011/12/25更新) - モバイルをバックパックにつめこんで
Xperia X10 mini/mini pro wiki - FOMAプラスエリア
ファームウェアを書き換えると対応バンド幅も変わって今うのかどうかという問題にかんしてはXDAでもフォーラムに上がっていますね
[Q] How I can flash 3G WCDMA radio from ST18a to ST18i ROM? - xda-developers
また簡単な確認方法がこちらに書かれていました
XPERIA MINI PRO SK17a FOMAプラスエリア対応方法 : シャトルのブログ
こちらの

5. 焼きが完了したら、電源を入れ、電話アプリから *#*#7378423#*#* にダイヤルする。Service info → Configuration の Working Band/s: に UMTS_BC6 があれば成功。


ですね。ちなみにDOCOMO版Xperia rayに海外ロムを焼き上記の方法を試したらちゃんとUMTS_BC6があったのでFOMAプラスエリアには対応しているかと思います。

○FMラジオのバンド幅が違う
これは
[電話] XPERIA X10 mini proのFMラジオ日本周波数対応 : 8796.jp管理日誌

手短に言うと
/system/etc/customization/settings/com/sonyericsson/
ここに fmradio ってディレクトリを追加して

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<settings version="1">
    <setting key="frequency-band" runtime="false">Japanese</setting>
    <setting key="frequency-least-step" runtime="false">100</setting>
</settings>

って内容の custom_settings.xml を置くだけ。


こちらにある通り設定ファイルを書き込み、再起動することで設定されました。
しかしなんかそれでも微妙にバンド幅が違うような気もするんだけど…
というか明らかに低いMhzのエリアでの受信感度が悪いような気がするなぁ…
というかRadikoとかRazikoでいいよね?

○DOCOMOの絵文字が使えない
Androidなメモ: Xperia ray SO-03C 4.0.2.A.0.42化

libemoji_docomo.so ファイルを system/lib/ に入れて、パーミッションを644に変更
build.propのパーミッションを644→757に変更して、次の一文を追加
ro.config.libemoji=libemoji_docomo.so
パーミッションを757→644に戻す
※参考 Xperia arc root覚書様


こちらを参考にするとPOBoxでドコモの絵文字が使えるようになります。


追記:GPSを日本仕様にする
X06HT の gps.conf を書き換えてみる その2/FasterFix を使ってみる。+おまけ - 新電波
こちらによると海外ROMはGPSの検証を海外のサーバーにアクセスして確認するため遅いらしい
ということでここで紹介されているソフトを使うか直接設定ファイルを書き換えることでレスポンスを早くできるらしい。
まず/system/etc/gps.confからgps.confファイルを抜き出し、以下のように書き換える

NTP_SERVER=jp.pool.ntp.org
XTRA_SERVER_1=http://xtra1.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_2=http://xtra2.gpsonextra.net/xtra.bin
XTRA_SERVER_3=http://xtra3.gpsonextra.net/xtra.bin
SUPL_HOST=supl.google.com
SUPL_PORT=7276


ミニマムに行くならNTP_SERVERと、SUPL_HOST,SUPL_PORTの部分を書き換えるだけでいいはず。

またSetCPUを使ったりaireさんのROMを使ったりすると、電圧を下げてバッテリー消費をぐっと下げることができるみたいですね
ちなみにaireさんはロシア人らしく、こちらのフォーラムで最新版が配布されていますね
Sony Ericsson Xperia ray - Кастомные прошивки - 4PDA


また2chのスレも4まで来ました
【ROM焼き】docomo Xperia ray SO-03C root4
2012.01.15 Sun l Xperia ray l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://omine3.blog119.fc2.com/tb.php/155-ca36aefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。